「かりん」11月号掲載歌

今月の掲載歌です。



アブダビのブーゲンビリアの花殻が色紅きまま吹かるる 夢に

どくだみの花しろじろと墓地裏に群れて湿気(うんき)をやりすごしいる

煮ても焼いても喰えぬ日本か田の泥にアメリカザリガニ跳ねて隠るる

ふるさとの緑陰に深く眠るのみもはやあなたも砂漠も遠く

さみどりの花ひらきゆくアラビアの合歓の大樹を見上げいし君

見上げいる君に降りたし私は狂ったような豪雨となりて

もろ腕に抱きしめんかな熱き砂まきあげて風のようなあなたを




アブダビの合歓の花は、さみどりでした。
写真が撮れなかったのが残念!!
と、いうわけで写真はブーゲンビリア。



d0174818_2084277.jpg

トラックバックURL : http://yoshikisai.exblog.jp/tb/12200785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chicayoshi | 2010-11-04 20:11 | 掲載情報 | Trackback | Comments(0)

短歌結社「かりん」所属齋藤芳生のブログです。「みしゅみしゅ」はアラビア語で「あんず」のことです。主に齋藤芳生の掲載情報やエッセイなど。最近は写真も好きです。どうぞよろしく。


by chicayoshi