カテゴリ:映画・テレビドラマ( 8 )

LIFE!

みなさま、こんばんは。齋藤です。

10月ですね~。
早いもので、福島市はもう金木犀が終わってしまいそうです。
先日写真をアップした田んぼは稲刈り終了。
ここから寒くなるまであっという間^^;

さてさて、本日は久々に映画のお話。


です。いいです!!
まあまずは予告編を見てみてくださいまし。

何から何まで、まさに齋藤のツボど真ん中!の映画でした。
観ればわかる!観ればわかるんだ!!

主人公のベン・スティラーもいいんですが、
主人公が片思いするクリステン・ウィグがキレイ。すてき。かわいい。
(あの下ネタ満載の「ブライズメイズ」の時と全然違う。。。それが役者、なんですね。)
ショーン・ペン演じる写真家さんがまた、しぶい。かっこいい。
最後のユキヒョウのシーン、わかる!わかる!わかる!

おすすめです!
(↑もう絶対いい映画だからフォントをいちばんでっかくしておく。)

というわけで今夜の一曲は映画のサントラから、こちら。



ああ、旅に出たいねえ。

それではみなさまごきげんよう。
おやすみなさい!!






by chicayoshi | 2014-10-01 23:27 | 映画・テレビドラマ | Trackback | Comments(0)
ありがとう、フォーラム福島

本日は、午後から映画、


を観に行ってきました。
公開前の予告編を見た途端に、
絶対観ないと!!と思ったんですこの映画。
こういう場合の齋藤の直感はまず、間違いない。
もちろん今回も大当たりでした!
もう、ほんとにありがとうフォーラム福島さん。
岩波ホールに観に行けなかったのがどれだけ口惜しかったか!!

d0174818_20305944.jpg

そうは言ってもですね、
実は私、大変恥ずかしながらハンナ・アーレントの本、一冊も読んだことがありません。
でもね、『暴力について』は持ってるの。
十数年前、仕事のことや将来のことでいろいろいろいろ悩んで、
とにかく手当たり次第に本を「買って(読んで、ではない)」いた時期に、
何かの拍子に惹かれて手に取った本のうちの一冊です。
当時の私は自分の仕事やパーソナリティに何一つ自信がもてずす~~~~~っと鬱々としていて、
その裏返しで
「アカデミックな世界でかっこよく活躍する(ように見える)女性」
に、ものすごく憧れていたんですね。
これは今でもそうなんですけど(笑)。
そんな女性の書いた本をとりあえず「買う」ことで、
なんか自分もそのひとに近づいたような気分を求めていたんだな。あの頃は。
つまり現実逃避。
で、買うだけ買って、そのまま積んであったという。。。(恥)

さてさて、そんな話はおいといて。

映画で描かれているのは、
様々な苦難を乗り越えた末に『全体主義の起源』で哲学者としての名声を得ていたハンナ・アーレントが、
イスラエルで行われたアドルフ・アイヒマンの裁判の傍聴記録、
後の『イェルサレムのアイヒマン』を発表したことで、
それまでの名声一転、世界中から非難と憎悪を浴びることになる4年間です。

アイヒマンは、当時ユダヤ人列車移送の最高責任者。
つまり、多くの、あまりにも多くのユダヤ人を「彼が」列車で強制収容所に送り、結果死に至らしめたわけ。
しかし裁判で、アイヒマンはあくまでも自分はユダヤ人を「任務」として列車に乗せただけであり、
自分が直接ユダヤ人を殺したことは一度もない、と語ります。
ちなみにこの裁判の映像は当時のものがそのまま使われていて、
法廷で詰問されるアイヒマンも、
自分の大切な人々がどのように死んでいったのかを証言する人々の声や姿も、本物(ぞくっとします)。

アイヒマンめ、どんな恐ろしい「悪魔」なんだ、
と自分の家族や友人たちを収容所で亡くしたユダヤ人たちが、
そして世界中の人々がその裁判に注目する中で、
裁判を傍聴していたアーレントは気づきます。
(この傍聴している時の、アーレントの「目」の演技が見事だった。)

アイヒマンは、「悪魔」じゃない。
ごくごく凡庸な一人の人間にすぎない。
「官僚」として、「任務を遂行」しただけだ。
彼の中で、「ユダヤ人を列車に乗せること」と「ユダヤ人を殺すこと」が、繋がっていない。
――なぜ?彼自身の「思考」を、失っていたからだ。
そして、このユダヤ人の「移送」には、実は各地のユダヤ人指導者たちが関わっていた。
彼らの「協力」なしに、ナチスは数百万人ものユダヤ人を収容所に送ることはできなかった。
――なぜ?彼ら自身の「思考」を、失っていたからだ。
アーレントは裁判でのアイヒマンの姿を通して、
「根源的な悪」よりももっと恐ろしい「凡庸な悪」の姿を見出します。

この「凡庸な悪」は、理解されません。
ユダヤ人が関わっていた、という部分を編集部に懸念されても
「事実だし、被害者とはきちんとわけて書いてある」
とそのままにしてしまったものだからなおさら、
お前はアイヒマンを、ナチスを擁護するのか、ユダヤ人を愚弄するのか、
と世界中から非難や誹謗中傷を受けることになり、
長年の親友たちも次々と離れていきます。
しかしアーレントは、断固として折れない。
映画最後のスピーチは圧巻です。
パンフレットに採録シナリオが掲載されていますので、
ちょっとそこから抜き出してみましょう。

アイヒマンの擁護などしてません。
私は彼の平凡さと残虐行為を結び付けて考えましたが、
理解を試みるのと、許しは別です。
この裁判について書く者には、理解する責任があるのです!

ソクラテスやプラトン以来私たちは”思考”をこう考えます。
自分自身との静かな対話だと。
人間であることを拒否したアイヒマンは、
人間の大切な質を放棄しました。
それは思考する能力です。
その結果、モラルまで判断不能となりました。
思考ができなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。
過去に例がないほど大規模な悪事をね。
私は実際、この問題を哲学的に考えました。
”思考の嵐”がもたらすのは、知識ではありません。
善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける力です。

私が望むのは、考えることで人間が強くなることです。

危機的状況にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬよう。


アーレントの言葉は、
現代の日本においてもそのままそっくり当てはまる気がしてなりません。
私はどうしても、
特にもうすぐ三年が経とうとしている震災と原発事故に、重ねずにいられませんでした。

日本の「今」に至るまでの道筋に、分岐点に、
何人の「アイヒマン」がいたのか。
そしてどれだけの人が、知らず知らずのうちに「アイヒマン」に「協力」してしまっていたのか。
もしかしたら、自分もその一人になってはいなかったか――?

答えはまだまだでないけれど、私も私なりに、考え続けようと思います。
アーレントのいうようにきっと私も、
考えることで、強くなれるから。

と、いうわけで、久々の「みしゅみしゅ」は長くなりましたが、本日はこのへんで!





by chicayoshi | 2014-01-26 22:25 | 映画・テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

半沢直樹

みなさまこんばんは。齋藤です。

早いもので、あっという間に9月になってしまいましたね。

私、明日は一日原稿書きの予定。


さてみなさん、見てますか?

半沢直樹。

今日も見ましたよ~。

もう4回目が放送された頃に遅ればせながらオンデマンドで観てからというもの、

すっかりハマってしまいました。

いつも半沢直樹と一緒に ぐぐぐぐぐ~~~~ と、握り拳で観ております(笑)。

原作の


『オレたちバブル入行組』



『オレたち花のバブル組』

も、読了。


原作ももちろん面白いんですが、

ドラマ化にあたって意外性をもったストーリをさらにスピーディーに展開するために設定がいろいろ変えられていて、

それがまたことごとく大成功している。

それらを自分の中で「ほう、ここはこうしたのね!」と確認していくのもまた楽しい。

いい映画やドラマって、ストーリーや役者さんたちの演技だけじゃなく、

一つひとつの台詞や演出が素晴らしくて、

観ていてほんと、飽きません。


というわけで今回は宿敵に土下座した半沢、次回は倍返しなるか!?

近藤さんもがんばれ~!!
by chicayoshi | 2013-09-01 23:52 | 映画・テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

旅するジーンズ

みなさまこんばんは。齋藤です。

もうすぐ8月も終わりですね。

福島に帰ってきたころには家の周辺の田んぼで蛙がかしましく鳴いていたのですが、

今は窓を開けているとちろちろと虫の声が。


さて昨日はドラマでしたが、今日は去りゆく夏を惜しむのにぴったりの映画の話。

旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ

と、その続編の

旅するジーンズと19歳の旅立ち

です。

それぞれのママのお腹の中にいる時から(!)ず~っと仲良しの4人の女の子たちの物語。

16歳の夏、これまでいつも一緒だった夏休みを初めてバラバラに過ごすことになった彼女たちは、

どういうわけか4人それぞれにぴったりでしかも似合っちゃう、

不思議なジーンズを見つけます。

これはきっと、私たちの幸運のお守りに違いない。

「夏の間、このジーンズを一週間ごとに手紙をつけて着まわそう!!」

そして始まる、彼女たちの夏。

彼女たちにぴったりと寄り添い、心を繋ぐ一本のジーンズ。

まあストーリーはリンク先を見ていただくとして。

この作品が素晴らしいのは、4人の日々を決して大人が好きな、

「若いっていいよね」とか「あの頃はよかったなあ」

っていうセンチメンタリズムで終わらせていないところ。

4人とも決して浅くはない心の傷や悩みを抱えて、

16歳なら16歳の、19歳なら19歳の現実に、一生懸命向き合います。

そのせいでもっと傷ついて、迷って、悩んで、悲しんで、たくさん泣いて、時にはやけになって。

それを乗り越えて成長していく彼女たちの、なんときらきらしていることか。

もともとこれらの映画の原作はティーン・エイジャーの女の子たちに絶大な支持を得たアン・ブラッシェアーズの小説なのですが、

この作者は決して少女たちを子ども扱いしないのです。

だからこそこの映画は、

私たちの中にまだ眠っている16歳、19歳だったころの自分も、

揺り起こすような感覚を与えるのでしょう。



夏の終わりに、是非。


ちなみにこの4人、現在もそれぞれ映画で、ドラマで、大活躍中です。

レイチェル・ポートマンの音楽もよい。

それでは今宵はこのへんで!おやすみなさい。
by chicayoshi | 2013-08-28 20:38 | 映画・テレビドラマ | Trackback | Comments(0)
みなさまこんばんは。齋藤です。

一気に涼しくなった福島。

夕方の散歩が気もちいいです。

こういう時ぽけ~っと空を見るのが好き。


d0174818_22124558.jpg



さて私福島に帰って来てから、

天海祐希さん主演のドラマのDVDを観なおしておりまして(DVD持ってる)。

「ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏」。

ああ泣ける。

これ、確かリアルタイムで放送されてた時は

"Tears Wednesday"

って最初に出てたと思うんだけど。

やっぱり今観ても泣ける。。。脚本も演出も役者さんたちの演技も、本当に素晴らしいです。

いつの間にか私、このドラマの主人公と同じ歳になっちゃってました☆


それではまた!
by chicayoshi | 2013-08-27 22:21 | 映画・テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

少女の髪どめ

みなさんこんばんは。

いやあ、東京はものすっごい暑さでしたね。
加えて新宿区は突然の雷雨。
ちょうど近所のコンビニに来ていた私は「あちゃー!傘持ってきてないよう」と思いながらしばし店内で雨宿りをしたのですが、
夏の強い日差しの中叩きつける大粒の雨が、きらきら光ってとてもきれいでした。

さてここ4日間「アブダビ通信」をお届けしてきましたが、
半分終わったのでここでちょっと休憩。

「それは、神様の望まれたもの」

でも少し書きましたが、今夜は映画の紹介です。

「少女の髪どめ」。

舞台はイラン。首都テヘランの寒~い冬。

主人公の青年ラーティファが働く建築現場に、
ある日「ラーマト」と名乗る少年が働きにやってきます。

実はその男の子は、アフガン難民の少女でした。名前は「バラン(雨、という意味です)」。
不幸な事情で家族に働き手がいなくなってしまったため、男の子と偽って働きに来たのです。
(9.11のテロの少し後に話題になった映画、「アフガン零年」もそうでした)。
それまでお茶くみ?の仕事なんかをあまり熱心じゃなくやっていたラーティファは、
身体の小さいラーマトにその仕事を引き継いで、きつい肉体労働を強いられる建築現場に行くように言われます。

ただでさえ女性は働けない社会(見つかったら捕まってしまいます)。しかも、建築現場。
はじめ、楽なお茶くみ?の仕事を取られたラーティファは、
「お前のせいで!!」
と怒っていたのですが、
仕事の合間に偶然、バランの正体を知ってしまう。

それからラーティファは、
初恋、とも言えない淡い想いを胸に秘めて奔走し始めます。
彼女の正体が周囲にばれないようにするために。
彼女が働きに来ざるをえないほど逼迫している彼女の家を、助けるために。

この二人、この映画に出演するまで演技の経験は全くなかった素人です。
バランを演じている女の子は、実際にアフガンの人びとが暮らす難民キャンプでスカウトされました。

邦題は「少女の髪どめ」ですが、原題は「BARAN(雨)」。少女の名前であると同時に、
この「雨」が、この映画の象徴的な役割を果たしています。
どこで「雨」が降るかは、観てのお楽しみ。

この作品の監督である

マジッド・マジディ

は、どの作品でも「素人さん」に演じさせ、
「素人さん」だからこそ出せる市井の人々の素朴な表情をいきいきとスクリーンに映し出します。
ハリウッド映画のような派手さやフランス映画のようなオシャレ感はありません。
人によっては退屈してしまうかも。
でも映画に登場する人々ののひたむきな姿を応援しているうちに、ほっこり身体と心が温かくなります。

たぶん主な作品はレンタルすることができるので、もし見つけたら手に取ってみてくださいね。
そのうち他の映画のことも書きましょう。。。

では今宵はこの辺で。

あ、そうだ。今夜って七夕なんですよね。
上空は星がきれいだろうなあ。
by chicayoshi | 2013-07-07 23:50 | 映画・テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

The Social Network

もうたぶんいろいろなところで言われていることと思いますが、

「現代社会は人と人との絆が希薄になっていて。。。」みたいな、
安直な文明批判ではありません

極上の青春映画です。

ソーシャル・ネットワーク


こちらは今年度のアカデミー賞、三冠(脚色賞、編集賞、作曲賞)。

この映画、全編を通して非常にスピード感があって、
冒頭から登場人物たちが機関銃のように台詞を繰り出していきます。
台詞のひとつひとつも素晴らしいんですが、
この映画の中で何よりも雄弁に語っているのは、きっと主人公が手放すことのできない、
ノートパソコンのマウスです。

最初から最後まで、ひたすらカチカチしています。

「くっそ~!!!振られた!なんでだ!女なんてきらいだっっ!!!
みろ!俺ってすげーだろ?」
「なんでこうなるんだよ!」「…悪かった。」

etc,etc.

そして、

「…君は、誰?」

不器用で、人の気持ちをうまくくみ取って言葉を返すことができないだけ。
その分、自分が子どものころから大好きで得意なものに、
夢中になって突っ走っただけ。

でも、気付いたらその代償は。。。

ああ、わかる。わかるよ。
私はもちろんハーバード大学ですら手に負えないような天才でもなければ、
億万長者でもないけれども。

こちらも時間が経つのを忘れて見入った、秀逸な映画でした。




d0174818_23453976.jpg

by chicayoshi | 2011-03-01 23:47 | 映画・テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

The King's speech

あがり症じゃなくても、吃音症じゃなくても、
確かに自分のなかにあるのに、何かにつっかえて表に出せないこと、というのは山ほどあると思います。

ああ、見てきました。公開初日に。

「英国王のスピーチ」
英国王の息子として、皇太子の弟として、軍人として、
そして夫として、二人の可愛らしい娘たちの父親として、何よりも一人の人間として。

一生懸命話そうとするのに、のどの奥で言葉がつっかえてしまって、出てこない。

そんな自分が、奔放な兄の代わりに国王になってしまった!!ああ、どうしよう。。。
「僕は王様なんかじゃない!!」

そんな、コリン・ファース演じるジョージ6世の姿が本当に切なくて、
そして彼を支えるジェフリー・ラッシュ演じる言語聴覚士ライオネルの一言ひとことがあったかくて、
実に心温まるいい映画でした。

ぺらぺらと調子よく話すことだけが、「言葉」じゃない。
格調高く、美しいだけが「言葉」じゃない。
拙くても、嘘のない「言葉」。
みんなが疲れているこの時代、
必要なのはこんな一生懸命さをもった「スピーチ」なのではないかな。


d0174818_22574762.jpg

by chicayoshi | 2011-02-27 23:00 | 映画・テレビドラマ | Trackback | Comments(0)

短歌結社「かりん」所属齋藤芳生のブログです。「みしゅみしゅ」はアラビア語で「あんず」のことです。主に齋藤芳生の掲載情報やエッセイなど。最近は写真も好きです。どうぞよろしく。


by chicayoshi