<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0174818_11045339.jpg
みなさま、こんにちは。齋藤です。
今年は寒いお彼岸でした。。。
まあ、いつもと変わらずお墓参りに行けて、よかったよかった。
三年前、震災の直後にも家族でお墓参りに(父方は安達町)行ったのですが、
その時は墓地の墓石がほとんど全部倒れていて、茫然としたものです。

さて、掲載情報。

明日発売の


に、齋藤芳生の「あづまおろし」十首が掲載されます。

「吾妻颪」というのは、
写真に写っている(雲で隠れていますが)吾妻山から冬、福島盆地に吹き降ろす風のことです。

よろしくよろしく~!

では本日はこのへんで。




by chicayoshi | 2014-03-23 11:16 | 掲載情報 | Trackback | Comments(0)
d0174818_22042165.jpg
みなさまこんばんは。齋藤です。
これ、少し前に撮った雀さんたちの写真。
ここしばらくは見なかったのですが、少し暖かくなって、急に戻ってきました。にぎやか。

「さむかったね」
「さむかったね」
「あ~さむかったっ!」
「まだむいよぉ」
「でもさむいのにみんなよくがんばったよねえ」

……そんな感じのおしゃべり。

d0174818_22070878.jpg
なんってかわいいんだ。。。

しかし「ふくらすずめ」が見られるのもあと少しかな。

さて、そんなこんなで福島もようやく春めいてきました今日この頃。



の書評を書かせていただきました。
もう装幀から歌の一首一首まで、本当に美しい歌集。
みなさま、お手に取っていただければ幸いです。

もうお彼岸ですね。





by chicayoshi | 2014-03-19 22:14 | 掲載情報 | Trackback | Comments(0)

震災の後で

3月11日が、再び巡ってきました。

震災直後、所属している結社誌(「かりん」2011年5月号掲載)に、このような文章を寄せました。
「大変な時だと思うけれど、大変な時だからこそ、齋藤さんに書いてほしい」
というかりんの先輩の言葉に励まされて、書きました。


震災の後

大震災が東日本を襲ったその日、私は就職活動のために東京に来ていた。福島市の実家に帰ることができなくなり、急遽(かりんの)Wさん、Eさんご夫妻のお宅に三日間泊めていただいた。日帰りのつもりだったから着替えも何も持って来ておらず、ご夫妻には本当にお世話になった。電話やパソコンをお借りして、家族や被災地に住む友人たちの無事を確認することもできたのである。あっという間に携帯電話も何も使えなくなってしまったあの震災直後、もしひとりだったらどうなっていただろう。

その後さらに三日間を新宿のビジネスホテルで過ごし、羽田空港から福島空港への臨時便を使って福島市に帰ることができたのは、十六日の夜のことである。空港から福島市に向かうバスの中で、たくさんの建物が壊れているのを見た。道路もあちこち歪んだりひびが入ったりして、時折不自然にバスの車体が揺れた。すれ違うたくさんの緊急車両の灯が、怖い、というよりも哀しかった。

 被災した友人知人の多くが、今なお苦しんでいる。しかしこの信じられないような災害の中で、私はあまりにも無力である。何ができるだろう、私に。わからない。今、ただ一つ確かなのは、生きなければならない、ということだけである。生きなければならない。全ては、それからだ。



震災当日、こんなわけで私は実際の福島市の揺れを体験していません。
(教員時代にお世話になった教頭先生が、しばらくして連絡を下さって、私や家族の無事をよかったよかったと喜んでから、
「あの揺れを経験してないのは歌人としてはもったいないねえ」
と、ご自分はまだまだ震災後の対応でくたくたなのにも関わらず冗談めかしておっしゃって、力なく笑ったことでした。)
福島市にようやく帰っても、おろおろしたり怒ったり泣いたり、で結局何もできませんでした。
その後この時に面接を受けた会社にそのまま就職して東京に出てしまったことで、
なおさらふるさとが大変なこの3年間、何もすることができなかった。
その後ろめたさは、今なお消えることがありません。
そして、この時書いた「何ができるだろう」という問いの答えは、未だにわかりません。

(当時の文章を載せて、こういうことをブログに書いてしまっていいのかもわからない。
なんか言い訳がましいですよね。)

私にできることは、
泣いても喚いてもいいからとにかく生きることと、
自分に何ができるのか考え続けること、考えたことを誠実に言葉にしていくこと、
しかないのかな、と今は思っています。

福島には、東北には、そして日本には、まだまだ終わっていないことばかりです。

※ちょっと誤解を招く書き方をしてしまったので、修正しました。




d0174818_21012722.jpg





by chicayoshi | 2014-03-11 21:25 | 福島 | Trackback | Comments(0)

短歌結社「かりん」所属齋藤芳生のブログです。「みしゅみしゅ」はアラビア語で「あんず」のことです。主に齋藤芳生の掲載情報やエッセイなど。最近は写真も好きです。どうぞよろしく。


by chicayoshi