d0174818_19001595.jpg
つやつや。

みなさまこんばんは。齋藤です。
すこしご無沙汰してしまいました。
あっという間に5月!
昨年度末から走りっぱなしだった私にとっては、
今回久々のちょっと長いお休みです。

さて、
今週末の5月7日、東京で開催される

「第24回文学フリマ東京」

にて、
齋藤も参加している

「フワクタンカ」

が販売されます。

参加しているのは、

内山晶太さん、黒瀬珂瀾さん、田村元さん、盛田志保子さん、山内頌子さん、染野太朗さん、そして私。

それぞれが新作十首を発表します。
お値段 100円。
みなさん、当日は迷わずブース G-31 へ直行してくださいね。

よろしくどうぞ~!






# by chicayoshi | 2017-05-02 19:12 | ごあいさつ・お知らせ | Trackback | Comments(0)
d0174818_21373226.jpg
春だ~~~~~!!!

みなさまこんばんは。齋藤です。

今宵は掲載情報。

今週4月6日の福島民友「みんゆう随想」、今回は

「春が来た」

です。

春の女神そのふくらかなる唇に呼ばれてたれもたれも空を見る 『湖水の南』

の一首より。
今回も、阿武隈川沿いをぐるぐる歩きながら考えた文章です。
ぜひご覧ください。

それではまた!






# by chicayoshi | 2017-04-04 21:40 | 掲載情報 | Trackback | Comments(0)
d0174818_21355775.jpg
今日の阿武隈川。

みなさまこんばんは。齋藤です。
本日は、先月福島民友「みんゆう随想」に掲載されたエッセイ
「川よお前を見つめて立てば」
を転載いたします。
なんだかんだ言っても、
「あなたの代表歌は?」
と訊かれたら、きっとこの一首になるんだろうなあ、と思っています。
今年も「桃花水」の季節がやってきました。
では、どうぞ。


***********************

川よお前を見つめて立てば私の身体を満たしゆく桃花水  『桃花水を待つ』


『広辞苑』によると「桃花水(とうかすい)」とは、「(桃花が開く頃に春雨や氷の解け水で川が増水するからいう)春季の増水。」とある。三月を迎え、日毎に春の気配が濃くなってゆくまさにこれからが「桃花水」の季節だ。第一歌集のタイトル「桃花水を待つ」は、そのまま「春を待つ」という思いを込めたものである。「川」は阿武隈川のこと。川に対して「お前」と呼びかけるのはちょっと不自然かもしれないが、私にはこの呼び方が一番しっくりくる。

 子どもの頃から、私の生活の傍らにはいつも阿武隈川が流れていた。自転車通学をしていた中高生の頃には、遠回りを承知で毎日川沿いを走っていた。自転車を漕いでいると、広い河川敷の葭原からいろいろな鳥の声がした。夜に部屋の窓を開けていると、誰かが川岸でトランペットかサックスを練習している音が聴こえてきたこともある。秋口には橋の上に大量発生したカゲロウの死骸が雪のように積もっていて、気味が悪かった。冬は、毎朝白鳥の鳴き声で目を覚ました。

 そして、春。濁っているけれども勢いのよい水の流れと明るい陽射しが、冬の間雪のように冷たく凝った心と身体を、魔法のように解き放ってくれる。この春の水を表す「桃花水」という言葉を知ったのは、大分大人になってからのことだけれども。

 今も週末になると、私は好きな音楽を聴きながら阿武隈川沿いをどこまでも歩く。川の流れに沿って歩いていると、慌ただしい毎日の中でのちょっとしたイライラや考えごとが、少し濁った水と一緒にきれいに流れてゆくような気がする。そして、考えあぐねていた歌の下の句や文章の冒頭部分が、ふっと思い浮かんだりもする。「川よお前を見つめて立てば私の身体を満たしゆく桃花水」という一首ができた時も、やはり毎日のように川沿いをぐるぐると歩いていた。歩みをふと止めて川面を見つめた時に、この上の句は身体の奥底から自然と湧き出てきたのだ。

 私という人間を一番よく知っているのは、阿武隈川かもしれない。「あなた」や「君」ではない。ましてやただの「川」でもない。阿武隈川は私にとっていつも「お前」と呼ぶべき、いわば「相棒」なのだ。


# by chicayoshi | 2017-04-02 22:03 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

短歌結社「かりん」所属齋藤芳生のブログです。「みしゅみしゅ」はアラビア語で「あんず」のことです。主に齋藤芳生の掲載情報やエッセイなど。最近は写真も好きです。どうぞよろしく。


by chicayoshi