女王様とわたし♪

アラブの伝統楽器、ウード

アラビア半島で出会って以来すっかりこの「楽器の女王」に一目惚れしてしまったワタクシ。
ついに帰国後も先生をみつけてウードを習うことに。
現在、毎日チューニングしてはリーシャ(ピック)の使い方を練習しております。

「女王」の名の通り、この楽器は絶対に女性だと、私は思う。
我が楽器ながら、ケースから出す度にその美しさにほれぼれとしてしまいます。


d0174818_21221041.jpg



d0174818_2123112.jpg

# by chicayoshi | 2010-10-22 21:26 | アブダビ | Trackback | Comments(0)

「短歌研究」11月号

本日発売の 短歌研究 11月号特集「日本語から遠くはなれて短歌を思う」に、エッセイ[砂の国の詩人たち」+新作一首が掲載されます。

アラブ人って、詩が大好きなんです。
「コーラン」も、あれって全編が美しい韻律を踏んだ詩です。
そんなわけで、アブダビにいた間の体験を少々書かせていただきました^^。
お読みいただければ幸いでございます。

ちなみに、エッセイの中で紹介した
師岡カリーマ・エルサムニー先生のエッセイ集は、こちら。

『恋するアラブ人』

『イスラームから考える』

どちらもお勧めです!




d0174818_10505259.jpg

# by chicayoshi | 2010-10-21 10:49 | 掲載情報 | Trackback | Comments(0)
本日10月20日(水)は東京の学士会館へ。

友人のYちゃんと共に、現代歌人協会の公開講座を聴講。

今回のテーマは近代短歌の巨星、茂吉と白秋。
何よりも度肝を抜かれたのは、パネラーのお一人、こちらは現代短歌の巨星岡井隆先生のお話。

「(高校生の岡井先生が)家に帰ったら自分の部屋で茂吉が布団を敷いて寝ていた」…ってちょっと!!

凄すぎです。


会場では、様々な邂逅もあり、とても充実した一日となりました。
あ~楽しかった^^。
# by chicayoshi | 2010-10-21 00:32 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

短歌結社「かりん」所属齋藤芳生のブログです。「みしゅみしゅ」はアラビア語で「あんず」のことです。主に齋藤芳生の掲載情報やエッセイなど。最近は写真も好きです。どうぞよろしく。


by chicayoshi