花の落ちる音

d0174818_22105894.jpg
今日の阿武隈川と安達太良連峰(左)と吾妻連峰(右)。
d0174818_22103187.jpg
1時間後。


みなさまこんばんは。齋藤です。
さて本日は、今週火曜日に福島民友「みんゆう随想」に掲載されたエッセイ
「花の落ちる音」
を転載いたします。

ちなみに凌霄花(のうぜんかずら)ってこれね↓。

では、どうぞ。

********************

凌霄花ほたりと落ちて落ちるたびに秋に近づきゆく夕暮れは   『湖水の南』


 今年の夏は、いつまでもいつまでも降り続く雨が止むのを待ちわびている間に終わってしまった。一ヶ月以上もの間続いた雨がようやく上がって晴れ間がのぞいたと思ったら、街はもうすっかり秋の気配だ。ひんやりとした空気のなか、我が家のささやかな庭もいつの間にか秋の虫たちの澄んだ鳴き声でいっぱいになっている。

太陽を求めて高く伸びた向日葵。今年も見事な花を咲かせていたご近所の百日紅や、真っ白な槿。プランターや花壇に植えられた真っ赤なサルビアやカンナ、そしてマリーゴールド。いつ止むとも知れない雨のなかで健気に咲き続けた夏の花々も、その色とりどりで鮮やかな色を濡らしたまま短い花季を終えようとしている。見つめているとまるで夏休みの間思う存分外で遊べなくてしょんぼりしている子どもたちのようで、なんだか可哀想だ。

夏の花といえば、子どもの頃から私が大好きなもののひとつに凌霄花がある。見上げるほどの高さにまで蔓を伸ばして勢いよく咲くあの大きなだいだい色の花は、お盆休みあたりの強い日差しと、それに負けじと鳴き続ける蝉たちの大合唱にいかにも似つかわしい。花の姿が好ましいだけではなく、「のうぜんかずら」という古風で日本的な名前がまた、美しいと思う。初めて「凌霄花」という名前を知った時には、のうぜんかずら、のうぜんかずら、と何度もつぶやいてはその音の響きを楽しんでいた。

夏の間を咲き誇っていた凌霄花の花は、やがてひとつ、ふたつ、と地面に落ちはじめる。いつの間にか木の根元は落ちた花のだいだい色でいっぱいだ。この花は、落ちる時にかすかではあるけれども音をたてる。それはそのまま夏が終わってゆく音であり、そしてまた、秋が少しずつ近づいてくる音でもある。雨に打たれ続けていたせいだろう、この夏はそのかすかな音が幾分重い気がした。

ちなみにこの花は、その形がラッパのようであることから英語名を「トランペット・ヴァイン」とか「トランペット・フラワー」というらしい。名前とは不思議なものだ。これではまるで別の植物ではないか。私にとって、「凌霄花」はこれからもずっと、「凌霄花」でなくてはならない。


by chicayoshi | 2017-09-10 22:21 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

近況。

d0174818_22502766.jpeg
「にこにここぐまさん」。

みなさまこんばんは。
御無沙汰しております。齋藤です。
このままだとまた長期間更新が滞りそうなので、久々に近況報告。

最近なんやかやとばたばたしておりますが、元気です。はい。
何しろ先月から
絶賛☆夏期講習期間中
なのであります。
写真は幼児クラスの「絵描き歌」。

折り紙なども。

d0174818_22555590.jpeg
「うさぎ」。

かわいいでしょ(笑)?
忙しいけれど、教室では毎日子どもと一緒に歌ったり笑ったりしています^^。

と、いうことでまた!
(「みんゆう随想」もいずれアップします~。)
みなさまもどうぞ暑さに気をつけてお過ごしください☆
















by chicayoshi | 2017-08-06 23:04 | ごあいさつ・お知らせ | Trackback | Comments(0)
d0174818_22080020.jpg
今日はこんな感じ。

みなさまこんばんは。
齋藤です。

さて本日は、歌友(戦友)の遠藤由季さんがまた福島に来てくれました!
そんなわけで今回は初夏の花見山公園をご案内。

d0174818_22080444.jpg
どうだっ!!

桜の季節が終わってもやっぱり美しい花見山。
これから躑躅が見頃です。利休梅も綺麗ですよ。


快晴の今日は福島市も夏日。
うぐいすがあちこちで鳴いていました。

ビール美味しかった!

と、いうことでありがとうねゆきさん
ではまた~!!



by chicayoshi | 2017-05-04 22:13 | 福島 | Trackback | Comments(0)
d0174818_19215328.jpg
iPhone もなかなかがんばるのよね。

はい、というわけで第二弾。
今年も、特にソメイヨシノが見ごろになった週末は大変な賑わいでありました。

d0174818_19401542.jpg
(これは沿道の木瓜の畑。公園じゃありません。)
d0174818_19390386.jpg
d0174818_19383087.jpg
d0174818_19400201.jpg
d0174818_19392740.jpg
d0174818_19372492.jpg
d0174818_19355389.jpg
d0174818_19353222.jpg
d0174818_19350151.jpg
……と、いうわけで、
桜は終ってもまだまだ美しい花見山公園。
みなさまもぜひお越しくださいね~!!






by chicayoshi | 2017-05-02 19:54 | 福島 | Trackback | Comments(0)
d0174818_19214614.jpg
iPhoneで撮影。

さてさて、ブログのアップは滞っておりましたが、
もちろん!今年も綺麗でしたよ(てか今もいろいろ咲いててきれいですよ)花見山公園。

またばしゃばしゃ写真を撮りましたので、
みなさまにも福島の春をおすそ分けです。
では、どうぞ。

d0174818_19272012.jpg
d0174818_19273268.jpg
d0174818_19281727.jpg
d0174818_19290300.jpg
d0174818_19302952.jpg
d0174818_19313534.jpg
d0174818_19314466.jpg
d0174818_19320599.jpg
d0174818_19342362.jpg
d0174818_19323657.jpg




by chicayoshi | 2017-05-02 19:48 | 福島 | Trackback | Comments(0)
d0174818_19481976.jpg

「たいへんだっ!たいへんだっ!!」

みなさまこんばんは。齋藤です。
三月も今日で終わり。

あっという間だなあ……。
齋藤は明日から少しだけ春休み。

と、いうことで、
冬の間たくさんの小鳥さんたちにご愛顧いただきました「小鳥食堂」。

今のこっている餌がなくなり次第閉店、ということにいたします☆

はじめはぜんぜんお客さんが来てくれなくてどうしようかと思いましたが、
最終的にはなかなかの賑わいになって、愉しい毎日でした。

「小鳥食堂」は閉めますが、
今度は庭に巣箱を置いてみようか、と計画中。
「小鳥アパート」ですね。
もし入居者が見つかりそうだったらまたこのブログでもレポートしようと思います。

ではでは今宵はこのへんで!!

さあ、春です。








by chicayoshi | 2017-03-31 19:54 | 福島 | Trackback | Comments(0)

ひなまつり

d0174818_21184664.jpg
咲きました。

みなさまこんばんは。齋藤です。
年度末でばたばたとしております。
今日は歌会もおやすみ。

さて、昨日は桃の節句でしたね。

というわけで、
今日は昨年撮影した写真など。

d0174818_21185404.jpg
d0174818_21204519.jpg
d0174818_21205148.jpg

わが家のお雛様。
昨年母が久々に思い立って飾ったのを撮影。
長女の私が生まれた年に買ったものですから、
このお雛様も今年で40歳なわけですね。

この雛をしみじみと眺めていてできたのが、
昨年「歌壇」5月号に掲載された「花の渦」です。

大地震を耐えたる指の細きかな取り出だす箱の中なる雛(ひいな)

うつくしき扇ひらきて持つのみのそれのみの手よ古りし雛の

祖母よあなたの孫娘ふたりのための雛の袖の色も褪せたり

よい歌かどうかはわかりませんが、私自身としてはかなり思い入れのある一連。
今年もまた春がやってきます。

それでは今宵はこのへんで。
ごきげんよう。






by chicayoshi | 2017-03-04 21:30 | 福島 | Trackback | Comments(0)

【小鳥食堂】寒いなら。

d0174818_22465757.jpg
おしくらまんじゅうだっ!!

みなさまこんばんは。
今日の小鳥食堂もにぎやかでした。

d0174818_22565794.jpg
シメさん、雀と冬の厳しさについて語りあう(違)。
こうしてみると体の大きさがよくわかるね。
食事はお口に合いましたか?
d0174818_22565131.jpg
そうか、サンザシの実を食べてたのはおまえか(いや知ってたけど)。

ということで、鳥三昧の週末。
みなさま、明日からまたお仕事がんばってくださいね。




by chicayoshi | 2017-01-29 23:04 | 福島 | Trackback | Comments(0)

花見山へいらっしゃい⑤

d0174818_19395196.jpg
花の渦。

はい、というわけで改めましてみなさまこんばんは。齋藤です。

春爛漫の花見山及びその周辺・第五弾です。
勝手ながら本日でこのシリーズ?は最終回。

春になったら、ぜひ遊びに来てください。
この天国のような場所を、ぜひご自身の目で!

お待ちしております!

d0174818_19412713.jpg
d0174818_19413389.jpg
d0174818_19403302.jpg
d0174818_19402384.jpg
d0174818_19404307.jpg
d0174818_19400918.jpg
d0174818_19395761.jpg


by chicayoshi | 2017-01-28 19:47 | 福島 | Trackback | Comments(0)
d0174818_20192627.jpg
後ろに咲いているのは菜の花。

みなさまこんばんは。
はい、春爛漫の花見山及びその周辺・第四弾
でございます。

もう一月も終わりですね。
この週末は少し気温が上がるのかな?

d0174818_20222514.jpg
d0174818_20224313.jpg
d0174818_20230832.jpg
d0174818_20232268.jpg
d0174818_20233916.jpg
d0174818_20241293.jpg
d0174818_20242750.jpg

みなさま、どうぞよい週末を!





by chicayoshi | 2017-01-27 20:25 | 福島 | Trackback | Comments(0)

短歌結社「かりん」所属齋藤芳生のブログです。「みしゅみしゅ」はアラビア語で「あんず」のことです。主に齋藤芳生の掲載情報やエッセイなど。最近は写真も好きです。どうぞよろしく。


by chicayoshi